北星学園大学 図書館

利用案内

利用案内(学生・教職員)

開館時間・入退館・閲覧

開館時間

授業期間 休業期間
月~金 8:45~22:00 8:45~20:00
8:45~20:00 8:45~20:00
12:00~17:00 休館

休館日:休業期間中日曜、祝日、キリスト降誕祭、年末年始など。その他、臨時休館などは「図書館ホームページ」や「としょかんNews」などを通じて事前にお知らせします。

入退館

図書館の入館には学生証(教職員は身分証明書)が必要です。
ゲートのICカード認証部分に学生証(教職員は身分証明書)をかざし、フラッパーが開いてから入館します。退館時の認証はありません。ゲートに近づくと自動で開きます。
貸出手続を受けていない資料を持ったまま退館すると、警報音が鳴りゲートがロックされます。警報音が鳴った場合は係員の指示に従ってください。

閲覧

図書館資料には、自由に手に取ることのできる「開架資料」(本館1階~3階)と書庫に保管されている「閉架資料」があります。

開架資料 開架資料は直接手にとって自由に閲覧できます。利用後は書架脇の返本台に戻してください。
閉架資料 閉架資料は、係員が出納します。「閉架資料利用申込書」に閉架番号等必要事項を記入のうえ、カウンターまでお申し込みください。
閉架番号は蔵書検索にて確認してください。閉架資料は開架資料と同様に借りることができます。
卒業論文 学生証と引き換えに1回につき1冊ずつ閲覧・複写が可能です。
「卒業論文閲覧申込票」に請求記号等必要事項を記入のうえ、学生証を添えてカウンターまでお申し込みください。
請求記号は蔵書検索にて確認してください。
利用後はカウンターに戻してください。
複写(コピー) 図書館では著作権法の範囲内で文献の複写ができます。
複写をする場合は複写室に備え付けてある「館内複写申込書」に必要事項を記入し、備え付けのポストに入れてください。
複写できる資料は、図書館所蔵資料に限られています。ノートやプリント等は複写できません。
現金またはコピーカードでご利用ください。

貸出・返却・継続・予約・購入希望

貸出

貸出手続は、2階カウンターで行います。学生証(教職員の場合は身分証明書)が必要です。
貸出手続の受付は、閉館10分前に終了します。
手続の済んでいない資料を持ち出すと出口で警報音が鳴ります。

冊数・期間

貸出冊数・期間 図書 雑誌
教員 30冊 3ヶ月 10冊 1ヶ月
大学院生・研究生(院) 20冊 1ヶ月 10冊 1週間
学部学生・研究生(学部)・ 研修生・
科目等履修生・留学生
10冊 2週間 5冊 3日間
職員 5冊 2週間 5冊 3日間

【長期貸出制度】:休業期間中は、図書に限り、貸出期間を延長することができます。
【特別貸出制度】:卒業論文作成者(ゼミ論は除く)、北星ピア・サポーター、教育実習・福祉実習に行く学生には、特別な制度があります。詳しくは、助太刀くん SV002「特別貸出」をご覧ください。

資料によっては貸出できないもの、条件の違うものがあります。

新聞(縮刷版含む)
紀要
卒業論文
経済学部研究室資料
貸出不可
参考図書(禁帯出)
雑誌最新号
一夜貸出
(閉館2時間前から、翌開館日の開館15分後まで)
指定図書
(教員が指定する講義に関連した「必読書」)
7日間もしくは貸出不可
通常貸出の上限冊数に含む

返却

借りた資料(付録含む)は、返却期限日までに指定する返却ポストに返却してください。
返却ポストは、本館2階カウンターのほか、本館1階階段横、本館玄関横スロープにも設置しています。閉館後や休館日は、本館玄関横スロープのみご利用頂けます。
※返却が遅れる(延滞)と、1日につき3日間の貸出停止となります。

継続

貸出中の資料の継続が可能です。返却期限日までに資料をカウンターにお持ちください。
学生証(教職員は身分証明書)が必要です。
予約が入っている資料の継続はできません。
※延滞した資料の継続はできません。

予約

貸出中の図書・雑誌に限り貸出の予約をすることができます。
貸出中の資料は、蔵書検索で検索すると、状況の欄に「貸出中」と表示されます。
My libraryにログインして予約するか、本館2階カウンターへお申し出ください。
利用可能になりましたら、図書館2階入口左手の掲示にて呼び出しします(取り置き期間1週間)。

購入希望

必要な資料が当館にない場合、購入希望を出すことができます。「購入希望資料申込票」を提出してください。
利用可能になりましたら、図書館2階入口左手の掲示にて呼び出しします(取り置き期間1週間)。
資料によっては必ずしも希望を受けられない場合があります。
申込者には資料が到着次第、優先的に貸出をします。
資料によっては、納品までに数ヶ月かかる場合もあります。
※学外者は対象外です。

マルチメディアフロアの利用・グループ学習室の利用


マルチメディアフロアの利用

AVブース
当館で所蔵しているBlu-ray、DVD、ビデオ、LD、CD、カセットテープが利用できます。
「利用申込書」に必要事項を記入のうえ、学生証とDVD等のケース(AV資料の場合)とともにカウンターに提出してください。
複数で利用する場合、全員の氏名・学籍番号の記入と学生証が必要です。
電源スイッチカードとDVD、ビデオ等をお渡ししますので該当ブースでご利用ください。
視聴後は、電源スイッチカードとDVD・ビデオ等をカウンターに戻してください。
Blu-ray・DVD・ビデオ・LDの利用は1回につき1巻までとし、閉館時間までの利用となります。
Blu-ray・DVD・ビデオ・LDの館外貸出はできません。館内のみの利用となります。
CD ・カセットテープは、図書と同じ条件で館外への貸出が可能です。
持ち込み資料の視聴はできません。

PCコーナー
自由に利用することが出来ます。総合情報センターで発行しているIDでログインしてください。
印刷物はカウンター内のプリンターに排紙されます。印刷物左上の「ログインID」を確認の上、お取りください。
3時間以内を目処にご利用ください。

ノートパソコン
「利用申込書」に必要事項を記入のうえ、学生証とともにカウンターに提出してください。
印刷物はカウンター内のプリンターに排紙 されます。印刷物左上の「ログインID」を確認の上、お取りください。
3時間以内を目処にご利用ください。

グループ学習室の利用

受付時間は、8:45~20:00です。ただし、土曜日・日曜日・休業期間中は利用できません。
2名以上から利用できます。「利用申込書」に必要事項を記入のうえ、利用者全員分の学生証を持って、カウンターに提出してください。
1回の利用時間は最大90分です。予約がない場合、再度申込をすることで継続して利用できます。
ノートパソコンや液晶モニター、AV機器(館内資料の閲覧に限る)の利用も可能ですが、別途申込が必要です。
学習目的の利用に限ります。サークル等での利用はできません。

参考カウンターの利用

図書館ではみなさんの学習・研究の援助をします。本館2階「参考」カウンターまでお越しください。

サービス時間

平日 8:45~17:00

サービス内容

図書館利用・情報収集に関する相談

図書館の利用方法について説明します。
資料の探し方やCD-ROM、データベース等の検索の方法についてアドバイスをします。
必要な資料の入手方法について調査します。

他館への文献複写・図書借用依頼

当館で所蔵していない図書や雑誌を見たい場合には、当館を通じて他館から雑誌の論文のコピーや図書自体を取寄せることができます。
文献のコピーを依頼したい場合には「文献複写申込書」 (ピンク色の用紙)、図書を借用したい場合には 「図書借用申込書」(水色の用紙)を提出してください。
初めて依頼する方は、図書館主催のガイダンス(卒論・ゼミ論応援コース)の受講が必要です。 詳しくは、こちらをご覧ください。

学外機関の利用相談

学外機関は以下のとおりに利用できますが、利用の際は参考カウンターへ一度ご相談ください。

北海道地区大学図書館協議会相互利用サービス

当サービス加盟館では、加盟館に直接訪問し貸出を受けることができます。
当サービスを利用する場合は、訪問館カウンターで学生証(教職員の場合は身分証明証)の提示が必要になります。学外者登録などは各加盟館の制度に従ってください。詳しくは、こちらをご覧ください。

その他の図書館の利用

上記相互利用サービス加盟館以外の図書館を利用したい場合は、紹介状を発行しますので、カウンターにご相談下さい。
この場合、訪問館では閲覧・複写のサービスは受けられますが、貸出は受けることができません。
図書の貸出を受けたい場合は「他館への文献複写・図書借用依頼」をご利用ください。

注意事項

館内では静粛にし、他の利用者に迷惑をかけないよう心がけてください。
携帯電話はマナーモードにし、通話はご遠慮ください。
飲食物の持込は原則禁止です。ペットボトル等密封できる容器に限り持込できますが、閲覧室では出さず、館内での飲食には休憩室をお使いください。持込んだペットボトルは持ち帰ってください。
カバン等の持ち込みは自由にできますが、貴重品は常に携行しロッカーも活用してください。ロッカー利用の際はカウンターで鍵を借りてください。図書館では盗難等の一切の責任を負いかねます。
当館資料を紛失・破損した場合は、弁償となります。直ちにお知らせください。