北星学園大学 図書館

おすすめ本

展示

三浦綾子の世界

展示ポスター
紹介文

 三浦綾子(1922-1999)は、北海道を代表する作家の一人です。17 歳で小学校の教員となり、終戦後、戦時中の軍国主義教育からの転換で、教育者としての責任を感じ、24 歳で教員を辞めました。同時期に肺結核に侵され、13年もの間、苦しい闘病生活を強いられました。その後、小説家としてデビューし、数々の著作を世に送り出しました。
 彼女の作品には、キリスト教の信仰を基に、「人はいかに生きるべきか?」というメッセージが随所に込められており、読者の心を打ちます。
 これを機会に、三浦文学の世界に浸ってみませんか!

展示資料
テーマ 三浦綾子の世界
種類
図書館員展示
展示期間
2021年2月~3月