北星学園大学 図書館

おすすめ本

HONTANのコラム

演じることも悪くない

紹介文

「他人にどう思われているか気になる…」
みなさんはそんなことを思ったことはありませんか。

この本の主人公"葉太"は他人の目にとても敏感です。
一人旅でニューヨークに滞在していた時、財布やパスポートの入ったカバンを盗まれてしました。しかし、旅先のニューヨークに浮かれて財布を盗まれたかっこ悪いヤツと思われたくなかったため、助けを求めることができませんでした。葉太はただの旅行を楽しむ人を「演じる」ことにしたのです。

「演じる」ことは悪いことなのでしょうか。もし「演じる」人がいなくなってしまったらこの世はどうなるのだろう。そんなことを考えさせられるお話です。
葉太に共感できるあなた。ぜひこの本を安心して読んでください。「演じる」あなたを責めたりすることはありません。
葉太って変なヤツだなって思ったあなた。ぜひこの本を読んでください。こんな変なヤツもいるのです。

紹介者
大福
書名
舞台
著者名
西加奈子
分野
近代小説
蔵書検索 検索
所在
3F和書
請求記号
913.6/N