北星学園大学 図書館

おすすめ本

図書館員のおすすめ本

夜と霧

紹介文

今回紹介する作品は「夜と霧」です。
本書は第二次世界大戦中の強制収容所の体験記になります。
私は学生の頃に講義のなかで霜山徳爾さんの訳に触れ、戦争の悲惨さについて考えさせられました。
最近になり池田香代子さんの新版に触れる機会があり、著者である心理学者フランクルの意図を「人生」の意味の問いかけとして読み返しました。
永遠に続く愛する人への思いに感動し、私の読了感は不思議なほどに温かい気持ちに包まれました。
「どのような状況におかれても自分の精神だけは、誰にも奪うことはできない」、「人間が生きることには、つねに、どのような状況でも意味がある」など、極限状態の過酷な強制収容所の中で語るシーンは印象的です。
私はどんな困難の状況であっても、人としての「使命」を全うするために、正しい判断を持ち続けたいと強く感じました。
今の時代だからこそ是非、一読してもらいたい一冊です。

今回ご紹介したのは2002年に出版された「夜と霧」の新版(池田香代子さん翻訳)です。
1985年に霜山徳爾さんが翻訳した「夜と霧:ドイツ強制収容所の体験記録」もありますので、こちらもどうぞご覧ください。
ただしこちらは閉架書庫にありますので、閉架資料利用申込書に必要事項と「CS124722」を記載し申込してください。
15分間隔で出納します。

紹介者
しまふくろう
書名 夜と霧
著者名
ヴィクトール・E・フランクル
分野
ルポルタージュ
蔵書検索 検索
所在
3F和書
請求記号
946/F