北星学園大学 図書館

おすすめ本

図書館員のおすすめ本

日本一のチームをつくる : 地域密着が成功の鍵! : プロ野球とJリーグで社長を務めたただ一人の男の改革マネジメント

紹介文

 北海道日本ハムファイターズの前社長、藤井純一氏と言えば、あの斎藤佑樹投手をドラフトで引き当てたことで一躍有名となりました。
 藤井氏は日本ハム株式会社の営業マンとしてキャリアをスタートさせます。藤井氏と言えば、ファイターズの社長、というイメージですが、実はそれ以前に、日本ハム株式会社がスポンサーを務めるJリーグのセレッソ大阪というチームの社長も務められていました。セレッソ大阪というチームができる以前から既に大阪にあったガンバ大阪というチームといかに差別化を図り、地域に根ざしたチームとなっていったのかが、社長として組織改革を行った藤井氏により語られています。
 その後、セレッソでの手腕を買われ、北海道に移転後も経営赤字が続いていたファイターズの社長としてその改革を任せられます。藤井氏が1番初めに行ったこと、それは社員の意識改革です。他人任せや無駄な仕事を排除し、社長自ら、社員一人ひとりがきちんと報酬に見合う働きをしているかをチェックしたのです。そうすると、初めは煙たがっていた社員もどんどん新しいアイデアを出し、当事者意識を持って働くようになって行きました。
 2つのプロスポーツチームのトップとして成功を収めた藤井氏の改革は、いつも1つの鉄則に忠実であったから。その鉄則とはとてもシンプルですが、貫くのはなかなか難しいものです。藤井氏の改革マネジメントは私たちにも多くのヒントを与えてくれるでしょう。

紹介者
レッキー
書名 日本一のチームをつくる : 地域密着が成功の鍵! : プロ野球とJリーグで社長を務めたただ一人の男の改革マネジメント
著者名
藤井純一
分野
球技
蔵書検索 検索
所在
3F一般図書
請求記号
783.7/F