北星学園大学 図書館

おすすめ本

図書館員のおすすめ本

旅の終わりの音楽

紹介文

 映画『タイタニック』の、涙を誘うシーンの一つとして、恐怖と悲しみが渦巻く船上で、専属楽団員が、タイタニック号沈没のその瞬間まで演奏を続けることを決め、物悲しくも優しいアンサンブルを奏で始めたシーンをあげる人が少なくない。
 この小説は、そんな楽団員たちに焦点を当て、彼らをモチーフにしたフィクションである。
 タイタニック号の沈没により乗客たちが失ったもの。それは生命であり、未来であり、そして彼らの記憶の中にある「過去」であった。
 何人もの人々の過去が、歴史に残されることもなく海へ沈んで行った。
 無論、楽団員たちの、数奇な過去も海の底へと沈んで行った。
 人の一生。それは、一つの物語である。
 彼らの五つの物語を知るとき、タイタニック号の沈没で亡くなった1,500人余りの人々の一生を思う。歴史に残ることのない、名もない人々の人生。
 『旅の終わりの音楽』。
 「旅の終わり」、それは、この事故で亡くなった多くの人々の人生の終焉。
 楽団員たちは、死の直前、彼らの過去を振り返っただろうか?
 楽団員たちは、いつか忘れ去られてしまう己の過去、人生を誰に伝えたかっただろうか?
 彼らが、「旅の終わりの音楽」として選んだ曲。それは、楽団員の一人が母親に教えてもらった曲だった。彼が、死の直前に振り返った過去。それは母親との思い出だったのかもしれない。

紹介者
幽玄
書名 旅の終わりの音楽
著者名
エリック・F・ハンセン
分野
ノルウェー文学
蔵書検索 検索
所在
3F一般図書
請求記号
949.63/H