北星学園大学 図書館

おすすめ本

図書館員のおすすめ本

早春賦

紹介文

 明治維新後、日清戦争に日本が勝利して間もなくの頃。金貸業から事業拡大した大堂家の令嬢・菊乃のもとに縁談が舞い込んだ。相手は身分違いの伯爵家の嫡男。彼と初めて顔を合わせた瞬間、菊乃は恋に落ちる。堂々とした立ち振る舞いと、眩いほどの美しさ、加えて二十一歳という娘盛りの彼女は、嫁ぎ先でも大切にしてもらえると確信していた。しかし待っていたのは、妾の存在、隠し子、財産横領、そして我が子の流産という残酷な現実だった。
 それまで家族に大事にされ、苦労や挫折を知らなかった菊乃。そんな過酷な状況の中で、彼女の内に埋もれていた才覚が、芽生えの時を迎える。
 華族という地位を欲した大堂家と、金を欲した仁礼家の利害の一致から生まれた婚姻。若さと希望に満ち溢れた菊乃は、爛れた伯爵家の闇を知ることとなります。しかし、泣いて逃げ帰るような真似をしないのが菊乃という女。腐りきった伯爵家を自らの手腕で次々と変えていきます。
 明治から大正を駆け抜ける一気読み必至のスピード感。菊乃の胆力としたたかさ、そして愛。激動の時代を生きた菊乃の美しい生き様を、ぜひその目でご覧ください。

紹介者
WM
書名 早春賦
著者名
山口恵以子
分野
近代・明治以後
蔵書検索 検索
所在
3F和書
請求記号
913.6/Y