北星学園大学 図書館

おすすめ本

図書館員のおすすめ本

ジャーナリズムの道徳的ジレンマ

紹介文

 2016年に相模原障害者施設殺傷事件が発生した時、被害者の実名は伏せられた。被害者家族にも実名報道を望まない、望む、それぞれの考えが混在した。
「優生思想的な風潮が根強くあるこの国でさらされたくない」、「障害がある人だから匿名にするということでは、存在していなかったことにされる」等々。
 他にも「原発事故が起きたら記者を避難させるか」、「加害者家族を「世間」から守れるか」など、過去に実際に起こった、簡単には答えが出ないジレンマを抱えた事例をジャーナリズムの道徳的な20の難問として取り上げている。
 それぞれ「思考実験」→「異論対論」→「実際の事例と考察」の三つのパートで構成されており、まず、「思考実験」で、直観的に支持する立場を二者択一し、「異論対論」で、それぞれの立場から交互に主張、反論、再反論して深め、「実際の事例と考察」で、充実した注釈や参考文献の掲載もあり、事例を考える上で必要な基礎知識を得たり、背景を掘り下げることができるようになっている。

紹介者
かるたキング
書名 ジャーナリズムの道徳的ジレンマ
著者名
畑仲 哲雄
分野
ジャーナリズム
蔵書検索 検索
所在
3F和書
請求記号
070.15/H