メインコンテンツに移動
おすすめ本

HONTANのコラム

2022年本屋大賞ノミネート作品

紹介文

 こんにちは。クラロワ小僧です。

 今日、私が紹介させていただく本は「六人の嘘つきな大学生」です。2022年本屋大賞ノミネート作品の中で一番好きな本です。

 成長著しいIT企業スぺラリンクスの最終面接に残った六人の就活生。六人に与えられた課題は一か月チームを作り上げグループディスカッションを行うというものだった。六人は協力し全員で内定をとりにいこうとするが、グループディスカッションの前日に課題の変更が言い渡される。それは、「六人の中で誰が最も内定に相応しいかを決めろ」というものだった。
 仲間だったはずの彼らは、一枠の内定を奪い合う敵同士になってしまった。誰が相応しいかの議論が進む中、六通の封筒が見つかる。その中には、ある大学生の過去を告発する内容が、、。

 「~ことほど愚かなことはきっとない」という一文が心に染みました。結構、当たり前のことではあるのかもしれませんが、これは本当に大切なことだと思います。

 ここまでお読みいただきありがとうございました。
 皆さんも、ぜひ読んでみてください!

紹介者
クラロワ小僧
書名 2022年本屋大賞ノミネート作品
著者名
浅倉秋成
分野
近代小説
蔵書検索 検索
所在
3F/和書
請求番号
913.6/A