メインコンテンツに移動
おすすめ本

図書館員のおすすめ本

シッダールタ(ヘッセ全集 7 に所収されています。)

紹介文

 ドイツのノーベル賞作家、ヘッセが仏教思想を描いている異色の名作です。
 シッダールタといえば仏教の開祖ですが、その史実には基づいていません。バラモンの息子で修行僧になるなど、参照している点はありますが、仏陀としては別に「ゴータマ」と呼ばれる人物が登場するなど、シッダールタは仏教の開祖とは全く別の青年として描かれています。より自由にヘッセらしい世界観で物語が進展していき、楽しく読むことができます。
 シッダールタには親友がいて、修行の旅にも2人で旅立ちます。この友情は、物語中最も重要なものとして描かれ続けます。修行僧になる決意をする物語初期のシッダールタは、まるでもう悟りを開いているかのように落ち着きがあり、神秘的ですらあります。しかし、中盤のシッダールタは、遊女に溺れ、お金儲けを楽しみ、また我が子への愛着を捨てきれません。悟ったかと思ってはまた煩悩にとりつかれるというシッダールタの苦悩と、それを乗り越えていく強さを、ヘッセのロマンチックというべき文体(高橋健二の名訳?)でお楽しみください。

紹介者
職員B子
書名 シッダールタ(ヘッセ全集 7 に所収されています。)
著者名
ヘッセ
分野
ドイツ文学
蔵書検索 検索
所在
閉架
請求番号
948/H-7(閉架番号:CS124822)