メインコンテンツに移動
おすすめ本

図書館員のおすすめ本

バベルの犬

紹介文

 かけがえのない人を失う悲しみ。
 人はときに、その深い悲しみのあまり、常軌を逸した行動をとってしまう。大切な人を失ったことのない者には、到底理解することのできない、悲哀に包まれた狂気とも思える行動。
 愛する妻レクシーを突然の事故で失ったポール。彼は、妻の死の真相を知るため、唯一の事故の目撃者である飼い犬ローレライに言葉を教えようとする。犬に真相を語らせるために。
 そして、正常な判断力を失った彼は、犬の喉に外科手術を施し発声させようとする危険な集団に、妻の残した犬ローレライを近づけてしまう。
 狂気の沙汰としか思えないその行為。
 しかし、彼の悲しみ、苦しみ、嘆きを誰が理解できよう。
 ポールは、ローレライに言語レッスンを行う日々の中で、レクシーとの出逢いから彼女の死までの生活を振り返る。彼女が、毎日何を思い、生きてきたのか。もしかすると、レクシーが生きていたころよりも強く彼女のことを理解しようと願う。そして、それは彼の生きる支えとなる。
 レクシーは、生前、ポールにもっと理解されたい、幾年も愛され続けたいと願っていた。
 彼女の死により、彼女の願いは叶えられたのかもしれない。なぜなら、ポールは、気が狂うほどにレクシーの死を悲しみ、彼女を愛し、理解しようともがき苦しんでいる。彼は、彼女の死ゆえに、生涯レクシーを想い愛し続けるのではないだろうか。
 人と人が真に理解し合うこと。それは、たとえ親子の間であっても難しいことである。ポールが、どれだけレクシーを愛していたのか。レクシーは、それをどのくらい理解していたのだろうか。

紹介者
幽玄
書名 バベルの犬
著者名
キャロリン・パークハースト
分野
20世紀小説
蔵書検索 検索
所在
3F一般図書
請求番号
933.7/P