北星学園大学 図書館

おすすめ本

図書館員のおすすめ本

デッドエンドの思い出

紹介文

 銀杏の落ち葉の中で子供が追いかけっこをしている、秋らしい表紙の本が、今回ご紹介する『デッドエンドの思い出』です。『キッチン』や『アムリタ』などでご存知の方も多いよしもとばななの2003年の作品です。
短篇が5編入ったこの物語。全てが少し寂しい別れの物語です。物語の大きな展開はありませんが、しっとりと心に染みるお話ばかりです。
 そして表題作の「デッドエンドの思い出」は、本書の中でも最後に位置していますが、出会えてよかったと思える物語です。婚約までした恋人に久しぶりに会いに行ったら、なんと新しい恋人と暮らしていた。ショックを受けて泣き暮らしていたが、そこで出会った純真な青年に主人公は救われていく。この状態でこの瞬間にこの人と一緒にいられたこと、それが人生の最低の場面で最高の思い出となるのです。
 作者自身が、あとがきで「私はこの中の『デッドエンドの思い出』という小説が、これまで書いた自分の作品の中で、いちばん好きです。これが書けたので、小説家になってよかったと思いました。」と記しています。辛いのだけれども前へ進んでいける、心震える作品です。

紹介者
職員B子
書名 デッドエンドの思い出
著者名
よしもとばなな
分野
日本文学
蔵書検索 検索
所在
3F一般図書
請求記号
913.6/Y