北星学園大学 図書館

おすすめ本

先生のおすすめ本

育てたように子は育つ

紹介文

 作者の一人である、相田みつをさんといえば、その作品を知らない人は少ないでしょう。独特の書体で書かれたその詩から、はっと気づかされることがあったり、傷ついていた心が癒されたり、元気づけられたりした経験のある人が多いのではないでしょうか。
 そして、この本のもう一人の作者である、佐々木正美さんは、児童精神科医としてご活躍されながら、子育てに悩む多くの保護者に数多くの温かいメッセージを残されています。私自身、佐々木正美先生の講演を何度も聞いたことがありますが、非常に穏やかな語り口で、お人柄がそのまま言葉となってあらわれているようでした。
 この本では、子育てという視点から構成されていて、相田みつをさんが書かれた作品一つひとつに、佐々木正美先生が解説されています。相田みつをさんの詩を通して、もっと育児を、さらには自分自身を輝かしいものとして見られないだろうか、という意図が、この本が出版される出発点だったようです。その目的通り、子育て中の保護者が読むことで、ふっと肩の力が抜けて、自分の子育てに対して肯定的になることができる、そんなきっかけになる本だと思います。
…ですが、読み返してみると、子育てをしている人以外にも、是非読んでもらいたい内容だと思えます。お二人の著者の温かく、そして力強いメッセージを是非、感じてみてください。

紹介者
柿原 久仁佳
所属学部
文学部
書名 育てたように子は育つ
著者名
相田みつを 書 / 佐々木正美 箸
分野
教育
蔵書検索 検索
所在
3F和書
請求番号
379.9/A