北星学園大学 図書館

おすすめ本

HONTANのコラム

自分らしく生きる

紹介文

「君の膵臓をたべたい」というタイトルは、とてもインパクトが強いですよね。
しかしこの本を読み終わったころには、予想外の結末と、このタイトルに込められた意味に驚きを覚えることでしょう。

あらすじは、ある病院で男子高校生が、共病文庫というタイトルが書かれた本を拾います。
ページをめくるとそこには、膵臓の病気で長くは生きられないという内容が書かれていました。
その時、その本の持ち主に声を掛けられ振り返ると、そこにいたのはクラスメイトの桜良でした。
ここから二人の交流が始まっていき、彼女の秘密を知ってしまった彼は、彼女の死ぬまでにやりたいことに付き合うことになります。
様々な経験をしていく中で心を通わせていく二人ですが、突然、彼女は亡くなってしまいます。
死因は膵臓の病気ではなく、想像を超えるものでした。

この本は、日常や生きることのかけがえのなさ、命の大切さに改めて気づかせてくれる、心温まる作品です。

紹介者
アポロ
書名
君の膵臓をたべたい
著者名
住野よる
分野
近代小説
蔵書検索 検索
所在
3F和書
請求記号
913.6/S