北星学園大学 図書館

おすすめ本

先生のおすすめ本

幕末の下級武士はなぜイギリスに骨を埋めたのか

紹介文

 「長いタイトルだなあ」というのが第一印象。「でもこのタイトルしかないなあ」というのが読後の感想。無名の主人公を題材にするにはこれしかない。
 驚き満載の実話。
大政奉還の前年(1866年)に一般人として初めてパスポート(御印章)が発給された。受け取ったのは曲芸師たち。曲芸師は一座を組み、3組もの曲芸・大道芸一座がその年に米国に渡る。そして1867年には大西洋を渡って英国に入る。その後、1870~80年代には、英国各地で日本村ブームが起きる(いわゆるテーマパーク)。英国人たちは、遅れて「発見した」日本という国に大いに興味を持ったのである。
 主人公、フデこと近藤筆吉は、生粋の曲芸師や大道芸人ではない。出自は傘張り職人で、一座では曲芸も見せたようだが、もっぱら大道具・小道具の修理係。タイトルには下級武士と書いてあるが、そして英国では武士として紹介されたようだが、フデは決して武士ではなかった。
 日本で下層階級に属していた芸人たちがパスポートを持って海を渡り、米国でもそうであったように、英国でも熱狂的に迎え入れられ大いに活躍する。何とも痛快である。同時に、往事の英国生活を伺い知ることができて興味深い一冊だった。
 パスポートの有効期限が2年にもかかわらず、そしてほとんどが帰国したにもかかわらず、フデは英国に残る。結婚し1907年に彼の地で一生を終えた。
 でもフデ。亡くなるまで、ほぼ英語ができなかったという。

紹介者
大原 昌明 先生
所属学部
経済学部
書名 幕末の下級武士はなぜイギリスに骨を埋めたのか
著者名
村田 寿美
分野
伝記
蔵書検索 検索
所在
3F和書
請求番号
289/K