北星学園大学 図書館

おすすめ本

HONTANのコラム

『エマ』に学ぶ価値観

紹介文

 こんにちは。今回は私の専攻であるイギリス文学から一冊紹介したいと思います。ジェーン・オースティンと言えば『高慢と偏見』がよく知られていますが、私は『エマ』をおすすめしたいと思います。
 主人公のエマは、美しく裕福で自信家なヒロインとして描かれています。しかし他人の結婚を取り持つことが得意だと勘違いしていて、おせっかいで自分勝手なところがあります。そんな欠点のあるエマですが、失敗を繰り返し成長する姿からたくさんのことを学ぶことができます。
 私がこの作品を読んで一番面白かったのは、価値観の違いです。作品の時代設定は18世紀末で、エマたちの考えの根底には階級制度がありました。そして同じ時代に生きていても社会的地位が違えば考え方も違います。
 さまざまな人の価値観を知って視野を広げられるのは、読書の醍醐味だと思います。英語で原書を読むのも、日本語訳で気軽に読むのもいいと思います。たまにはイギリス文学にふれてみませんか?

紹介者
かおり
書名
エマ
著者名
ジェーン・オースティン著 ; ハーディング祥子訳
分野
小説
蔵書検索 検索
所在
3F和書
請求記号
933/A